まっすぐ首の肩こりで悩んでいる人必見!テンピュールでストレートネックに合う枕のオススメ3選

テンピュール

枕のメーカーの中でも、知名度も評判も高いテンピュール。

テンピュールの枕の中にもストレートネックに人に合った枕があります。

種類が多くてどの枕を選べいいのか難しいですが、特徴や形などを知れば簡単に選ぶことができます。

ぜひご自身の首に合ったテンピュールの枕(ピロー)を見つけてみてください!

テンピュールは売り上げ世界No.1!!

テンピュールは元々1970年に宇宙飛行士の操縦席のために開発された素材です。

NASAが世界で唯一公式認定するマットレスとピロー(枕)として世界80か国以上で販売されて多くの人たちが愛用しています。

その証拠に2011年にはマットレス&ピローメーカーとしては、売り上げが世界1位になっています。

売り上げ世界1位

テンピュールは寝具業界では右に出るものがいないリーディングカンパニーとして、知らない人はいない最も認知度の高いメーカーになっています。

テンピュールは日本人のストレートネックの人に合う枕を提供している

一説によると症状が出ているいないにかかわらず、日本人の約8割がストレートネックになっているといいます。

テンピュールには、そんな日本人のストレートネックに合う枕が用意されています。

ストレーットネックの人の枕には、首の部分に高低差がないものがいいと言われています。

低反発枕など、首の重さによって沈み込んでしまうタイプの枕はストレートネックには向いていません。

特に低反発の枕で寝返りの際に体に負担がかかってしまうというデメリットもあります。

テンピュールの素材は、一人一人違う体の形や重さを正確に捉え、体に沿いフィットしサポートしてくれます。

これは一般的な形状記憶のフォーム素材とは違い、何度使用しても元の形状に戻る特殊な素材です。

この素材は、寝ている人の体温と体圧をしっかりと感知して、ゆっくり沈み込み身体の一点に集中しがちな圧力を均一に分散してくれて血行を妨げません。

ストレートネックの人の場合、首が前に曲がるような一点への圧力は良くありません。

首の血流が妨げられてしまえば、首に後ろにある筋肉や血管はもちろん、自律神経ヘまで影響を及ぼしてしまいます。

テンピュールの素材は

・ストレートネックに悪い高低差がなく

・首への圧力が一点ではなく分散されていて

・首への血流を阻害しない

という特徴になっているので、日本人に多いストレートネックに合う形状になっているのです。

テンピュールがストレートネックにいいのは頭の重さをすべて受け止めたら、それ以上沈まないことにあります。

形状記憶の素材によって沈まないので、朝まで高さが変わることがありません。

首や頭の押し返す力って少ないので、首に変に力が入って痛くなったり凝ったりすることがなくなるのです。

耐久性も自然素材(羽根やそば殻)の2〜3年に比べ、5年以上は使えて使い方によっては10年使えます。

ストレートネックに合うテンピュールの枕はこの3種類

ただ、テンピュールが提供している枕が全部が全部、ストレートネックの人に合うわけではありません。

テンピュールの枕の中でも、とりわけストレートネックに合うという枕は4種類です。

シンフォニーピロー

ソナタピロー

オンブラシオピロー

実際にテンピュールの店舗で見てもらえれば分かりますが、シンフォニーピローとソナタピローは横から見ると台形になっています。

オンブラシオピローやコンフォートピローは素材はチップ状になっているので、その人の頭の形に合わせてフィットしてくれるようになっています。

だから、ストレートネックの人の首への無理な負担にならないのです。

大きく分けるとこのようになっていますが、寝る向きや枕の形もそれぞれ特徴があります。

この4種類の枕の特徴を把握すると、もっと自分にあったものが見つかるかもしれません。

シンフォニーピロー

シンフォニーピロー

このシンフォニーピローの、何がストレートネックの人にいいのかというと、その素材です。

素材はテンピュールスーパーソフトを使っているのでやわらかくもっちりふわふわです。

ふわふわだからといって頭が沈みことはありません。

首をしっかり包み込んでくれて形状記憶で朝まで頭が枕に沈み込むことがありません。

形は横から見ると台形になっていて、表と裏の形が違う形状になっています。

シンフォニーピロー横から

これはA面では緩やかなカーブになっているので仰向けに寝る時におすすめで、B面ではフラットになっているので横向けに寝る時におすすめになっています。

寝方によって枕の形状を変えられるというのは、ストレートネックの人に限らずメリットだと思います。

シンフォニーピロー寝方

サイズは4種類の展開がありサイズによって価格も決まられています。

サイズ/価格 XS (約 幅63x奥行43x高さ9.5cm) ¥16,000
S (約 幅63x奥行43x高さ11cm) ¥17,000
M (約 幅63x奥行43x高さ12.5cm) ¥18,000
L (約 幅63x奥行43x高さ14cm) ¥19,000

ソナタピロー

ソナタピロー

ソナタピローもシンフォニーピローと同じ素材のテンピュールスーパーソフトを使用しています。

シンフォニーピローの進化系とも呼ばれていて、三日月型の形が今までにない形として人気を集めています。

三日月型なので曲線的で、左右に頭の向きを変えてもゆりかごのように包み込んでくれます。

横から見た形もシンフォニーピローと同じで台形になっています。

ソナタピロー横向き

ゆるやかなカーブになっているA面は仰向けに、フラットで平坦になっているB面は横向けに寝る時におすすめです。

ソナタピロー横向け寝

横向けになって枕をだっこして寝るというストレートネックの人にはぴったりかもしれません。

サイズはシンフォニピローより一つ少なく、3つの展開になります。

サイズ/価格 S (約 幅61x奥行40x高さ9.5cm) ¥16,000
M (約 幅61x奥行40x高さ11cm) ¥17,000
L (約 幅61x奥行40x高さ12.5cm) ¥18,000

オンブラシオピロー

オンブラシオピロー

最後はテレビ「有吉くんの正直さんぽ」でも紹介されて今話題沸騰中の、独特の形が特徴のオンブラシオピローです。

ストレートネックの人で、うつぶせ寝の人はこれで間違いないと思います。

このオンブラシオピローはうつぶせ寝でも。首の背中の負担が少なく呼吸もしやすい構造になっています。本来はストレートネックにはうつぶせ寝はあまり良くないとされていますが、形が特殊なため、どんな姿勢でも眠りやすくなっています。

オンブラシオピローうつぶせ寝

ストレートネックの人がうつぶせに寝ても寝やすいのは、横から見ると中央が一番高くなっているからです。

この構造のおかげで、上半身を持ち上げて首や背中の姿勢の歪みを減らしてくれます。

素材はテンピュールマイクロクッションが使われているので、心地よい姿勢で抱きかかえて寝ることができます。

サイズはワンサイズで価格は21000円になっています。

サイズ/価格 約 幅60x奥行50cm ¥21,000

テンピュールのストレートネックに合う枕3選まとめ

シンフォニーピロー ソナタピロー オンブラシオピロー
 シンフォニーピロー  ソナタピロー  オンブラシオピロー
かたさ やわらかめ やわらかめ やわらかめ
おすすめ寝姿勢 横向き・仰向け 横向け・仰向け うつ伏せ
サイズ 4サイズ(XS/S/M/L) 3サイズ(S/M/L) 1サイズ
価格 16,000円-19,000円 16,000円-18,000円 2,1000円

ストレートネックの人がテンピュールで枕を選ぶポイント

①自分の眠り方は知る

まずは、自分はどのようにして眠っているのかを知ることです。

仰向け寝?横向け寝?それともうつ伏せ寝?

また今現在の枕のかたさは硬い?やわらかい?

眠りのくせは人それぞれで、自分の眠りのくせを知ることはすごく大切です。

②枕は低めを選ぶ

ストレートネックの人には、枕が高いと余計に首が前に出た状態になってしまい、朝起きるとツラいといったことになってしまいます。

できれば呼吸のしやすいポジションと首と肩に負担がかからないポジションをキープできる枕を選びましょう。

テンピュールではサイズ展開がある商品もあるので、微妙に寝心地も変わってきます。

寝たときにリラックスできる形で、できるだけ高さのない枕を選びましょう。

③ストレートネックを矯正するものではなく、楽に眠れる枕だと心得る

今回ご紹介したように、テンピュールの枕はストレートネックに合う枕が用意されています。

これらはストレートネックを改善する枕ではなく、ストレートネックの人が楽に眠れる枕だということです。

ストレートネックを根本的に改善するにはもっと特殊な枕を使う必要がありますが、首の痛みや肩こりといったツラい症状の緩和にはテンピュールの枕がぴったりです。

テンピュールの枕でストレートネックに合う枕を探している方はぜひ一度店頭でお試しいただくのはいかがでしょうか?

あなたにピッタリな枕が必ず手に入るはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする