糖質制限ダイエット中の市販の野菜ジュースは余計に太るからオススメではないの?

市販の野菜ジュース

スーパーやコンビニでも売っている野菜ジュース。

糖質制限ダイエット中には、野菜不足でビタミンやミネラル不足が気になるからこれで補えそうだし、手軽に飲めるからついつい買ってしまいますよね。

でもねこの野菜ジュース、種類によっては糖質制限ダイエットを頑張っている人の足を引っ張ってしまう可能性があるんです!

糖質制限ダイエットに野菜ジュースがオススメでない訳

糖質制限ダイエットを頑張ってる人に野菜ジュースがオススメできない理由は、ほぼ間違いなく糖質が含まれているからです。

え?野菜ジュースなのに糖質が多いの?と思われるかもしれませんが、野菜ジュースにはほとんどの場合、糖質が含まれています。

糖質制限ダイエットでは1日の糖質摂取量をできれば20g、多くても50gに抑えたいところです。

1食にすると5g〜15gが理想です。

確かに手軽に取れて野菜の栄養素をしっかりと摂れる野菜ジュースは便利なのですが、どれだけ食事で気をつけていてもわずかならが糖質は摂取してしまいますよね?

それを野菜ジュースで少しでも摂取してしまうのは、すごくもったいないと思います。

確かにおいしくて太りにくいっていうイメージのある野菜ジュースですが、糖質ダイエットからの観点からすると相性はあまり良くありません。

野菜ジュースの糖質量ってどれぐらい?

では野菜ジュースの糖質量って一体どれぐらいあるのでしょう?

野菜ジュースにも色々ありますが、ここでは普段手にスーパーやコンビニで手に入る商品を例に見ていきたいと思います。

オーソドックスな野菜ジュース

スーパーで売っている美味しくて人気も高い、カゴメ野菜生活100オリジナル200mlの成分表を参考にしてみると

野菜生活

参考:カゴメ公式サイトより

200mlあたり
エネルギー:64kcal、たんぱく質:0.8g、脂質:0g、糖質:14.8g、食物繊維:0.3〜1.2g、 ナトリウム:0〜150mg、カルシウム:13mg、カリウム:340mg、ビタミンK:0〜13μg、 葉酸:1〜12μg、α-カロテン:1100〜6100μg、β-カロテン:3900〜12000μg、 ショ糖:3.4〜6.7g

となっていて糖質に関しては1食分の目安の摂取量になってしまいます。

もちろんβカロテンなども摂取できて栄養素面でいうとバランスは取れているのですが、糖質の量が気になるところです。

糖質オフの野菜ジュース

一方糖質制限を頑張っている人に向けた、糖質を抑えた野菜ジュースもあります。

カゴメ野菜ジュース糖質オフ

参考:カゴメ公式サイトより

これはカゴメの商品だとカゴメ野菜ジュース糖質オフになるのですが、成分表は

200mlあたり
エネルギー:21kcal、たんぱく質:1.1g、脂質:0g、糖質:3.3g、食物繊維:1.5g、ナトリウム:23 〜170mg、 カルシウム:96mg、カリウム:400mg、ビタミンK:5μg、葉酸:5 〜42μg、ショ糖:0.2g、リコピン:4.8mg

という風にオーソドックスな野菜ジュースに比べると糖質はかなり抑えられています。

もし糖質制限を頑張っている人が野菜ジュースを飲むのであれば、こういった糖質の少ない野菜ジュースを飲むことオススメします。

カロリーの高い野菜ジュースはダイエットの敵

成分表を見てもらえればわかると思いますが、野菜ジュースはカロリーも種類によって高いものと低いものがあります。

カロリーの高いものであれば200mlあたり60kcalから120kcalあるものもあり、これはウォーキングを約30分以上しないと消費することできません。

糖質オフやカロリーオフのものであれば200mlあたり20kcalから60kcalのものが多いです。

一般的に糖質制限はカロリーは気にしなくていいといわれていますが、ダイエットという大枠で考えるとカロリーを抑えるに越したことはありません。

糖質制限中の栄養補給に野菜ジュースは不向き?

糖質制限ダイエット中のに野菜ジュースを飲まれる多くの場合は、野菜不足による栄養補給を目的にしてだと思います。

ついつい手軽で簡単に飲めるので口にしてしまいがちですが、糖質量のこと考えると飲む種類を考えないといけません。

先ほど紹介した糖質制限オフの野菜ジュースや、糖質制限ゼロの野菜ジュースであれば問題はありませんが栄養分を補給しようと思い、糖質量の多い野菜ジュースを選んでしまってはせっかく頑張っている努力も水の泡になってしまうかもしれません。

糖質制限オフの野菜ジュースの味はどうなの?

糖質を抑えた野菜ジュースは葉野菜を原料にしたものが多いので、糖質が多く含まれている野菜ジュースよりも苦味や青臭さがあると思っていただいていいと思います。

どうしても美味しいものというのは糖質やカロリーが高いものです。

野菜ジュースといってもりんごや、オレンジ、レモンなどの甘味や美味しさを引き出す果物が入っていることが多くこれが糖質やカロリーの元になってしまいます。

反対に体にいいものは、葉野菜などの”野菜だけ”が多く、その成分だけを取り出すので飲みにくさやクセがある味になってしまいます。

良薬口に苦しということわざがあるように、糖質制限ゼロやオフの野菜ジュースを飲むそのあたりも念頭に置いて口にする必要がありそうです。

結論:糖質制限ダイエット中に飲む野菜ジュースはしっかりと成分表や原材料を確認してから

糖質制限ダイエット中の野菜ジュースを飲むときは、しっかりと成分や原材料を確認してからにした方がいいでしょう。

野菜ジュース=栄養補給という側面だけを見て飲んでしまうと、糖質を必要以上にとってしまい痩せるどころが太ってしまう原因にもなってしまいます。

野菜ジュースだから大丈夫だろうという考えは危険です。

しっかりと調べた上で野菜ジュースをうまく利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする