食べ方を変えるだけで若返る!糖質制限には顔のたるみや老化の原因の糖化を防ぐ効果があるって本当?

gahag-0049067058-1

数年前からよく注目を集めている「糖化」という言葉は知っていますか?

糖化がどうして注目を集めているのかというと、私たちの老化やお肌のたるみの原因の一つがこの糖化であると考えられるようになったからです。

糖質制限にはダイエットへの効果だけじゃなく糖化を抑える「抗糖化」の働きがあるのです。

そもそも糖化とは?

そもそも糖化とは、体の中のタンパク質が結びつくことです。

糖というのはご飯などの炭水化物に含まれていて、体の中に取り込まれて分解された後、糖になります。

この糖がエネルギー源として使われるわけですが、炭水化物を多く摂ってしまっている場合、糖が余ってしまいます。

この余った糖とタンパク質がくっついて、体温によって「糖化」してしまうのです。

余分な糖とタンパク質が結ぶつくと、老化を促進させる「糖化生成物」(AGEs)を生成してしまうと言われています。

このAGEsと呼ばれる糖化生成物は一度体内で作られてしまったら、肌の弾力繊維がもろくなったりたるみを引き起こしたり老けて見えるようになるのです。

というのもこのAGEsは異常なタンパク質ですから、本来の代謝サイクルを滞らせてAGEsが肌細胞に留まることで、くすみや肌の透明感を失う原因になってしまうのです。

何気ない食事やおやつで糖化?体にはどんな影響があるの?

実は気をつけないといけないのは何気ない食事やおやつで、この糖化を私たちは知らない間に引き起こしてしまっているということです。

糖化にはタンパク質と糖質が大きく関係していますが、多くの食事やおやつにはこの糖質とタンパク質が含まれれています。

糖質と聞くと、甘いお菓子やケーキなどを想像しがちですが、ご飯やパン、パスタと言った主食となるものにもたくさん含まれています。

それどころか含まれれている量に差はあるものの、ほとんどすべての食品に糖質というものは含まれています。

だからこそ私たちは気づかない間に糖化を起こしてしまっているのです。

糖化を起こすということはAGEsが身体中のを蝕んでいくということです。

AGEsが体内に溜まると、身体の機能にあらゆるトラブルを引き起こします。

まず血管がもろくなると言われていて、人間は血管から老化していくとも言われています。

血管が老化してしまうと、全身の老化を早めてしまい心筋梗塞脳梗塞など命に関わる病気になってしまうリスクさえ高くなってしまします。

しかも厄介なことに、一度溜まってしまったAGEsは、身体の外にはなかなか出すことはできません。

糖化を防ぐには糖質制限が効果あるの?

このお肌や老化にとって大敵な糖化ですが、簡単に防げる方法があります。

それが糖質制限です。

糖化の起こすレベルは人それぞれで個人差があります。

AGEsが体内に溜まらないような生活をして糖化の防いでいけば若々しい体を保つことができるのです。

そして覚えておきたいのは、糖質自体が体に悪いものではないということです。

糖質はエネルギー源で大切です。身体のエネルギーとして使う量よりも多く摂取してしまうのが問題で、溜め込んでしまうことがいけないのです。

糖質を多く摂りすぎてしまう状態が長くなれば長くなるほど、糖化の危険度は高くなるので注意が必要です。

だからこそ腹八分目や糖質の吸収を抑えるような工夫をした糖質制限を行うことであなたが若く入られる可能性が高まっていくのです。

糖質を制限して老化を防ぎましょう!

私たちの顔のたるみや老化には異常なタンパク質であるAGEsが関わっていて、糖化が深く結びついているということはわかっていただけたと思います。

その糖化を防ぐためには、「糖質を摂りすぎないということ」です。

また食生活や生活環境の改善で、糖化による老化を防ぐことができます。

糖質の多い食品をたくさん食べすぎない

基本中の基本ですが、これがなかなかできないものです。

ご飯やパンやパスタをできるだけ控えて、炭水化物をできるだけ抜く食事を心がけましょう。

短時間で食事を済ませず食べ順も気をつける

短期間で食事を終わらせてしまうと満腹中枢がうまく刺激されずに、血糖値を急に上昇させてしまいます。

できれば食べ順にも気をつけて、ベジタブルファーストで野菜を先に食べるようにしましょう。

野菜を先に食べるだけで血糖値の上昇を抑えられます。

糖化を進めないようにするには血糖値の上昇を抑えるのが大切です。

食べる時間も気をつける

食事と食事の時間はなるべくあけるようにしましょう。できれば5〜6時間ぐらいあけらるのが理想です。

7時に朝ごはんを食べたらお昼ご飯は12時より後に食べて、夜ご飯は6時以降といった感じです。

また朝の食事は他の時間よりも2割ほどカロリーが吸収されにくいので血糖値の上昇はゆるやかになり糖化予防になります。

夜の食事は19時から21時にすませるのがベストです。

それ以降はできるだけ食事を摂ることを控えれば糖質の過剰摂取を抑えることができます。

糖化を起こさないために大切なのは糖質を含んだ食事をできるだけ変えていくことです。

いつまでもイキイキと若くいるためにも食べ物や食べ方をちょっと工夫してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする