糖質の少ない果物ってあるの?アボガドは便秘にも効果があって糖質制限中にピッタリ!

アボガド

糖質の少ないアボガドは優等生の果物と言われています!

しかも糖質制限中やダイエット中に多い便秘にも効果があるんですって。

今じゃスーパーでもどこでも売っているアボガドですが、糖質制限中には是非注目しておきたい果物です。

アボガドは果物の中でも例外的に糖質が少ない!

そもそもアボガドって果物なの?という野菜じゃないの?というそもそも論は置いといて、ここではアボガドは果物ということで統一しておきます。

果物には糖質が含まれていますが、そのメインとなるのが「果糖」です。果糖は血糖値をそれほどあげないといわれているので、インスリンの分泌もほとんどありません。

「だったら、糖質制限中でも果物をたくさん食べていいんだ!ラッキー!!」といった声が聞こえてきそうですが、そういうわけにはいきません。

実は果糖は体内に入るとすぐに中性脂肪に変わってしまうのです。

つまり、果物をたくさん食べると太りやすくなってしまうということなのです。

といっても、果物を食べたからといって即太るとかそういうわけではなく、多くの果物は水分の割合が多いので、少量を食べるぐらいではすぐに太るといったことではありません。

りんごやいちごなどの甘い果物でも、食後にデザート程度に少しだけ食べるぐらいだったら、さほどきにする必要はありません。たくさん食べなければ大丈夫なのです。

ただ、そんな果物の中で例外的な存在がアボガドです。

アボガドには1/2個(80g)あたり糖質量がたったの0.7gしか含まれていません。

他の果物と比較してみると、いちごは5粒で5.3g、桃は1個で15.1g、バナナなんて1本21.4gも糖質が含まれているんです!

ちなみ野菜と比較しても、たまねぎが100gあたり7.2g、トマトが150gあたり5.6gの糖質なので、アボガドがいかに優れた糖質制限の味方かわかっていたでけるとおもいます。

カロリーは高いけど問題なし

アボガドはカロリーは高いです。

カロリー重視のダイエットをしている人であれば、アボガドは食べることを避けると思いますが、糖質制限ダイエットでは他のダイエットと違いカロリーは気にせず食べてもOKです。

ですのでアボガドを思う存分利用した食事をすることが可能です!

脂質も問題なし!

アボガドには不飽和脂肪酸といって質の良い脂質が含まれています。

そもそもこの不飽和脂肪酸は体脂肪になりにくいので悪玉コレステロールなどを減らす効果もあり、健康的にもすごく良いのです。

アボガドを食べるとどうして糖質制限中の便秘が解消されるの?

アボガドを食べるとどうして便秘が解消されるのかというと

アボガドには食物繊維が含まれるから

便秘解消といえばやっぱり食物繊維ですよね?

「第6の栄養素」とも呼ばれる食物繊維ですが、食物繊維には水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維があります。

どちらも腸の働きを活発にしてくれて、体内の老廃物を排出してくれるだけでなくて腸内環境も整えてくれます。

不溶性食物繊維

私たちがよく目にしている繊維質の方です。

水に溶けにくく、お腹の中で食べ物の水分を吸って便のカサ増しをしてくれて、腸を刺激してくれるので、蠕動運動を活発化してくれます。

ご飯や野菜、大豆やゴボウなどいわゆる繊維質の食べ物に含まれています。

水溶性食物繊維

こちらは保水性の高い食物繊維で、糖分の吸収速度を緩やかにしてくれて、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

インスリンの大量分泌を抑えてくれるので、糖質制限には欠かせない食物繊維です。

実はこの「不溶性食物繊維」ばかりでもお腹の調子が悪くなって下してしまったりするといわれています。「水溶性食物繊維」も一緒に摂ることが大事です。

この両方が摂れるアボガドは優れて果物だということがわかっていただけるとおもいます。

糖質制限を頑張っている人は是非積極的にアボガドを摂って便秘を予防したり解消したりしてみてくださいね。

ただカロリーはやっぱり気になるところなので、1日1個以内を目安に食べられることをオススメします。

アボガドを効果的に摂って是非ダイエットや糖質制限生活を成功させてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする