ストレートネックはどんな姿勢が原因?今スグ簡単にできる改善方法は?

悪い姿勢

死ぬほどつらい首の痛みや肩のこり…

吐き気や、頭痛でひどい場合には仕事にならない…こんな症状の大きな理由の一つである

ストレートネックは姿勢が悪いことが原因なのです!

姿勢改善なくしてストレートネックの改善はありえません。

どういった姿勢がストレートネックの原因になってしまうのでしょう?

知っているようで知らない原因となる姿勢と、今日から今スグできる姿勢の治し方もご紹介したいと思います。

大丈夫、ストレートネックは治せます!

長時間のうつむき姿勢が首を壊す最大の原因

私たちの背骨は本来、横から見るとゆるやかなS字カーブになっています。

首と腰の骨の部分で前方に向かってカーブを描き、背骨全体でSの字の形になっています。

ところが、私たちはこの理想の背骨のラインとは逆方向に首を曲げて生活をしています。

例えば、スマホを触っている時に首が前に曲がっていませんか?

パソコンをしている時もうつむき姿勢を取っているはずです。

この記事を読んでいる今でもうつむきの姿勢になっていませんか?

本来の背骨の形とは反対のうつむき姿勢がストレートネックの原因

こういった負担のかかる姿勢を長時間続けていると、背骨の丸まった猫背の姿勢になってしまい、その姿勢に慣れてしまうのです。

慣れると脳はそれが楽な姿勢だと勘違いしてしまい、常に首や腰に負担をかける姿勢をとり続けてしまうのです。

悪い姿勢をとり続けることで背骨の中では、骨と骨の間にある椎間板と呼ばれるクッションがつぶれてしまいます。

椎間板の中にある髄核というゼリー状の物質が飛び出して、神経を圧迫したり刺激をして首の痛みや痺れを引き起こしてしまうのです。

髄核の半分は水分なの時間が経てば体内に吸収されやがて痛みはなくなります。

しかし、長時間とったうつむきの姿勢にせいで首の骨がゆがんだままです。

一度首を痛めるとクセになるとよく聞きますが、痛みがクセになっているわけでなく悪い姿勢がクセになってしまうのです。

悪い姿勢は自らの首を壊してします最大の原因なのです!

ついやってしまう首にとって悪い姿勢

私たちが日常でついやってしまう姿勢の中でも、首にとってはものすごく悪い姿勢があります。

こんな姿勢をとっているなら今日からは絶対にやめておいてください。

寝ながらうつ伏せでスマホを触る

この姿勢は首が前のめりになるだけでなく、床に肘をついたままスマホを触ることになるので、肩や肩甲骨にも影響があります。

肩周辺の筋肉に不自然に力が入ることによってコリや血流が悪くなるという悪循環になります。

スマホや本を下に持って見てしまう

電車の中でよくみる姿勢です。

頭の重みで首が前に垂れ下がるので背中も丸くなってしまい、首にとってはすごく負担になる姿勢です。

本を読むときは本を目の高さまで持ち上げて、首を曲げなくてもいいようにしましょう。

首だけでなく、お腹を突き出すよに腰を反らせうことで、全体的な姿勢も良くなります。

靴を履くとき前かがみになる

靴を履くときは必ず前かがみになってしまいます。

靴を履くのは毎日のことなのでこれを繰り返せば、首への負担は大きくなります。

小さなことですが、繰り返される負担こそが人の体には大きな負担になります。

長めの靴べらを使えば首への負担は少なく済みます。

靴べらが使えないという場合には完全にしゃがみ込み、首を前傾しないように気をつけましょう。

うつむき姿勢をリセットする方法

ついついしてしまうストレートネックを引き起こす姿勢を紹介しましたが、私たちが生活していく中でうつむき姿勢をとらないことは不可能に近いことです。

どんなに意識して生活をしていようが、どうしても首の骨が前に曲がった状態で生活をすることは避けては通れません。

しかし残念なことに首を下に向けた悪い姿勢を続けていると、骨のゆがみが強くなります。

すると、首の痛みだけでなく肩の痛みや腕のしびれ、頭痛、めまいなどが起こることも珍しくはありません。

こうした状態をリセットする方法があります。

それは首を後ろの「そらす」ということです。

意識しなければ自然と前のめりになってしまう首のゆがみを、意識的に本来の形にそらして元に戻してあげるのです。

日常生活の中でこの「そらす」という姿勢を意識するだけで、首や肩のコリや頭痛、めまい、耳鳴りも治すことができるのです。

・気がつけば首を後ろにそらすことでうつむき姿勢をリセットできる

首を曲げずに生活することはできませんが、首を曲げっぱなしの生活は痛みを引き起こす最大の原因です。

壊した分だけそらす姿勢をとってしっかり修復してあげる。

このバランスを取れれば、もうストレートネックの症状で悩むことはありません。

ストレートネックを改善!首そらし体操

ストレートネックを改善するには、下を向いてゆがんだ首をしっかりと後ろに倒して本来の背骨のラインを取り戻す必要があります。

そこで是非取り組んでいただきたいのが、【首そらし体操】です。

ストレートネックの原因となる現代に多い、前かがみの姿勢とは反対の首をそらす体操をすることで正しい首のポジションで背骨のS字カーブを取り戻すというものです。

上を向くと首が痛いという人も、この【首そらし体操】を続けていれば、徐々にその痛みは消えていきます。

体操後にまれに腕や手にしびれが出てしまうこともあるのですが、これは自分の体が元に戻っていくための好転反応です。

この【首そらし体操】を続けていくことでのしびれが手から腕、腕から肩へと徐々に首の近くに移動して改善していきます。

これを継続して行うことで、首が本来の背骨のラインを取り戻しストレートネックは改善されそらしても痛くなくなるのです。

気がつけばこまめに首そらし体操をする

「今日はうつむきの姿勢が続いたな」という日は特にこまめに行いしっかりと首を修復しましょう!!

首そらし体操のやり方

①姿勢を正して顎を引く

正しい姿勢をとることがポイントです。

壁に背中と頭をつけるイメージです。これで椎間板がへしゃげた状態ではなく正しい位置の戻すできます。

②首を後ろにそらす

姿勢を崩さずにそのままゆっくり天井を見上げるように首をそらしていきます。

天井を見た状態で5秒数えてキープします。5秒キープしたら①の姿勢に戻ります。

③斜め後ろにそらす

右斜め45度に首を倒します。

少し首をひねる状態になるのでゆっくり斜めに倒してください。首が動くところまで倒したらその状態を5秒間保ちまた①の姿勢に戻します。

これも左も同じように行います。

首巻きタオルもストレートネック改善にはおすすめ

また手軽にストレートネックを改善できる方法として【首巻きタオル】もおすすめです。

家にあるバスタオルを利用してできるこの方法は家にいるときに是非やってほしい方法です。

これは、首を前に倒す習慣を治すための方法です。

用意するもの

・クリップ(洗濯ばさみ)

・バスタオル

まず、バスタオルを首の高さに合わせて折り曲げます。

指が2本分入るグラいゆるく巻いて、クリップや洗濯ばさみで留めればOKです。

ポイントは顎を支えるイメージで優しく巻くことです。

こうすることで、ストレートネックの原因である首が前に倒れるという悪い姿勢を改善することができます。

ストレートネックがきつく、首の痛みや肩の痛みだけでなく吐き気や頭痛・めまいの症状が出ている人には特におすすめで1週間〜2週間で何らかの症状の改善効果がみられます。

まとめ

ストレートネックになってしまう原因の姿勢は前傾姿勢です。

人間が生まれ持っている、首が前方に曲がっている姿勢とは反対の姿勢になることがストレートネックの最大の原因です。

それを治すのはまず首をそらすこと。

これを日常生活に取り入れるだけでストレートネックは改善できます。

長年のクセでその姿勢になっている場合は、すぐには効果はないかもしれませんが日々の積み重ねで必ず改善はされていきます。

少しの努力で辛いストレートネックは改善できるので是非頑張って続けてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする