その首こりはホントは怖いスマホ首!?ストレッチや治し方を徹底伝授します!

ストレートネック

あなたのその首こりはスマホ首かもしれません。

ホントは怖いスマホ首!

ほったからしにしていると首こりだけじゃなく、様々な症状を引き起こすこの現代病。

これってスマホ首じゃないかなって心当たりのある方も、現在スマホ首になってしまっている方も、原因や症状を知ってストレッチや治し方を是非知ってください。

あなたのスマホ首が必ず治ります!

そもそもスマホ首とは?原因は何?

スマホ首とはその名の通りスマートフォンが原因でなる、首の姿勢の異常です。

電車の中で観察すればよくわかるのですが、スマートフォンを操作している人たちの首はだいたい頭を下げて首が下に傾いています。

これは本来、人間が持っている首の湾曲とは反対方向に屈曲してしまった状態です。

人間の首は元々前方に湾曲していて重たい頭をバネのようにして支えています。

しかし、スマホが普及した現代では、うつむくという姿勢を長時間続けることで首の形状が変化して首の痛みやコリをはじめとした色んな症状が体に起こってしまうのです。

これをスマホ首といい、今もっとも怖いとされている現代病なのです!

スマホだけが原因ではなく本を読む姿勢も原因になるので注意が必要です。

スマホの首掛けが原因なの?と思われる方も多いようですが、こちらももちろん首こりの原因になってしまいます。

スマホの首掛けだけでなく普段から重いネックレスやピアスを装着しているとそれが原因でスマホ首のような症状にもなってしまうので注意が必要です。

スマホ首の症状

・肩(首)の痛み・コリ

・手や腕のしびれ

・頭痛、めまい、吐き気

・自律神経症状(うつ、やる気が出ない、冷え性、疲れやすい)

・腰痛、ひざ痛

ざっと挙げればこんなものですが、目の疲れや視力低下、猫背の原因、下半身太りなどその症状はたくさんあります。

どうしてスマホ首になるだけでこれだけたくさんの症状が出るのかというと、それは人間の体の中でそれだけ首は重要だからです。

スマホによるうつむき姿勢は頚椎に大きな負担をかけます。

頚椎に負担がかかるとカーブが消失してスマホ首になってしまいます。

すると首は重い頭を支えられず、荷重のバランスが崩れて多くの症状が現れるのです。

※スマホ首で首の位置が2㎝前に出るだけで頚椎への負担は2倍になる!

アメリカではテキストネックと呼ばれている

日本ではスマホ首として浸透しているこの現代病ですが、アメリカでは元々テキストネックと呼ばれています。

テキストとはメールなどの文字のことで、スマートフォンを使って長時間メールをしたりニュースを読んだりするためこう呼ばれるようになりました。

もちろんLINEやFacebookやTwitterもこのテキストに含まれていて大きな原因になっています。

このテキストネックはアメリカのカイロプラクターであるDr.Dean Fishman(ディーン・フィッシュマン)によって提唱されました。

アメリカではカイロプラクターはお医者さんと同じぐらいの地位といわれています。

日本では国家資格のないカイロプラクターですが、アメリカでは大学もありもちろん国が認めいる資格です。

その中でも権威のある先生がそういった現代病を提唱したので、アメリカではこのテキストネックは今すごく注目をされているのです。

テキストネックが怖いのは、首を前に出して背中を丸めるので体全体の姿勢が悪くなるだけでなく、子供の成長にも影響を与えるからです。

アメリカではこのテキストネックが問題になっている理由は、特に子どもや若者に多く、首や肩のコリや痛みに悩まされているのは特にスマホユーザーが多いということです。

このテキストネックはアメリカではそう呼ばれていますが、日本のスマホ首も同様だと思っていただいて結構です。

アメリカでは社会問題になっているこのテキストネックですが、このまま放っておくと日本人のスマホ首も恐ろしいことになってしまうかもしれません。

スマホ首とストレートネックに違いはあるの?

こうしてみていくとアメリカでテキストネックと呼ばれるスマホ首は、日本でよく知られているストレートネックと似たようなものに思えますよね?

ストレートネックとスマホ首には違いがあるのでしょうか?

スマホが原因だと断定できるものがスマホ首

結論を書きましたが、原因がスマホだと思われるものをスマホ首といいます。

現代病らしい名前の付け方ですが、実際にはそうなっているのです。

ストレートネックの原因も、スマートフォンやパソコンであることが多いです。

しかし他にも不良姿勢だったり普段撮る姿勢によって原因がスマホに限られたわけではありません。

なので、そういった原因が多岐にわたる場合はストレートネックと呼ぶことが多いですし、認知度が高い分、スマホネックであってもストレートネックと呼ぶことが多いようです。

ですのでそこまで違いは気にすることなく、それ以上にスマートフォンを覗き込み時間を減らし自分の姿勢を注意していくことの方が重要なのです。

簡単にできるスマホ首チェック

まず、スマーフォンを操作してみてください。

今あなたの首はどのようになっていますか?

顎が引き首が前に曲がりうつむき加減になっていませんか?

これがいわゆるスマホ首の状態です。

また壁を使ったチェックの仕方はストレートネックと同様です。

壁に背中を向けてまっすぐに立ち、気をつけの姿勢を普段と変わらない自然な体勢で立ってみてください。

このとき、

「後頭部」「肩甲骨」「お尻」「かかと」の4点が無理なく壁に全てつくのが正しい姿勢です。

このとき後頭部が壁につかないときがいわゆるスマホ首(ストレートネック)ということになります。

いかかですか?あなたの首はスマホ首になっていませんでしたか?

自分でできる!スマホ首の簡単な治し方・改善方法

スマホ首は現代人が抱える恐ろしくもあり、身近なものだというのはわかっていただけたと思います。

スマホ首なんだけどどうしよう…スマホ首になりたくない…

そう思っている人は安心してください。

スマホ首は簡単に自分で治せます!!

スマホ首に改善方法をご紹介していきたいと思います。

スマホ使用時の姿勢のクセを変える

私たちの生活の中では驚くほどうつむき姿勢が多いのです。

・スマホを使っている時

・仕事でパソコンを打っている時

・読書や勉強中

・料理や洗い物などの家事をしている時

1日のほとんどをうつむいて過ごしていませんか?

これだけたくさんの時間をうつむいていたら、「重い頭を落とさないようにと、必死につなぎとめてくれている頚椎」にかっかてくる負担が相当なものになってくるのはわかってもらえると思います。

だからこそこういった何気ない動作をしている時に

”必ず顔の前に上げる”

ということを意識していれば、「うつむいている時間」をかなり減らせるのです。

だからこそ、スマホ使用時のクセを変えるということはすごく大切なのです。

スマホ首に効果のあるストレッチ

とにかくスマホ首に一番効果があって簡単なストレッチは、

首をそらす!!

ということです。

スマホ首の原因はスマホを使用して首が前に曲がってしまった状態ですから、その反対方向に首を伸ばせばいいわけです。

そうすることでスマホ首を引き起こしている原因の、首の筋肉をしっかりと伸ばすことができます。

実際の具体的な方法としては…

1、真後ろに倒れるまで首をゆっくり倒す(5秒間)

2、斜め右後ろにゆっくり首を倒す(5秒間)

3、斜め左後ろにゆっくり首を倒す(5秒間)

この一連の流れを3セット繰り返すだけでもスマホ首の症状は本当に楽になります。

スマホ首ほぐし方

スマホ首のほぐし方は、テニスボールを使った方法がおすすめです。

これはストレートネックの第一人者の酒井慎太郎先生が提唱している方法です。

まず、テニスボールを二つ用意して、テーピングやガムテープなどで固定します。

1、後頭骨のでっぱりをみつける

2、「頭と首の境目」にボールを当てる

3、ボールを当てたまま寝そべる

これを1日3分以内、1日3回までリラックスして行います。

テニスボールから受ける刺激がおでこの上の方へ向かうのがベスト!

まとめ:スマホ首は治せる

スマホ首はスマートフォンを使った姿勢が、長時間続いたことで起きる問題です。

ですので、その生活習慣にいち早く気づき、姿勢を改善してストレッチを行い首をほぐすことができるればスマホ首は今からでも治すことができるのです。

スマホ首は治せる!!

大丈夫です、あなたのつらい症状は必ず取り除けます。

ほら! 今この瞬間も首をもたげ肩が前におちて、背中を丸めて画面を見ている人、注意が必要ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする